はじめに(2010/01/18改稿)

Vtol_4   本ブログは、矢的八十郎が同人誌RETURNやパソコン通信時代のウルトラマンフォーラム等で書き散らしたウルトラシリーズについての蘊蓄話や意見・感想などをまとめるところから始めました。
 これらの情報は1999年以来ホームページのコンテンツとしてまとめてきましたが、ネットの主流がブログに移行する中で、より分類やコメント受付の簡単なブログにまとめ直して進めてきました。

 このようなウルトラシリーズについての重箱の隅的な情報は、以前はファンの間で共有されていましたが、ファン層やウルトラシリーズそのものの飛躍的な拡大によって、情報の共有が難しくなっております。本ブログが、ウルトラファンの皆さんが情報を共有する上での、ささやかなガイド役になれれば嬉しく思います。もちろん、矢的自身の見解も述べていきますので、コメント欄を通しての意見交換も楽しみにしております。

 同時に、本ブログは矢的がスタッフを務めていたパソコン通信上のコミュニティ「ウルトラマンフォーラム(FULTRA)」の個人的な記念碑も兼ねております。かつてはネットにおけるウルトラファン活動の中核を担っていたウルトラマンフォーラムは、2005年3月に閉鎖されてネット上には何も残っていません。しかし、そのテーマであった「ウルトラファンの交流」「ウルトラシリーズについての正しい情報」「ウルトラシリーズの応援」は今でも矢的のウルトラファン活動の基本になっております。
 本ブログは「役に立たないウルトラシリーズミニ情報」としてスタートしましたが、本日をもって「FULTRAの星より愛をこめて」に改名し、FULTRAの意志を継ぐブログであることを明記します。(当時のフォーラムマネージャーにはその旨ご挨拶しましたが、もちろん@niftyとは無関係の個人ブログです)

 なお、本ブログではウルトラシリーズ情報や感想をまとめて行きますが、作品の感想交換や最新情報等については、掲示板「電脳スタビライザーPADOC」や矢的のmixi日記でも話題を振ることがあります。また、その他の雑感や日常のことについても、従来通り「Y8ステーション」を活用していきます。

 今後ともよろしくお願いします。

 本ブログをご利用される方に必ずお目通しいただきたいことについては、以下に追記していきますので、ご一読をお願いいたします。
 

  • コメント、ご感想、情報の訂正等は歓迎しておりますので、当ブログへのコメントの形でお願いいたします。 ただし、スパム、無関係な宣伝、誹謗中傷等、一般的なネットマナーに反すると管理人が判断したコメントは予告なしで削除します。ネットマナーについての矢的の考えは、掲示板入り口のページに記してありますので、迷われたときはこちらもご参考になさってください。(2009/01/07)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年8月 9日 (金)

コミックマーケット96参加のお知らせ

2019_summer 帰ってきたウルトラマン私設FCスタビライザーは、コミケ96では落選しましたが、10日土曜日に西館 こ-05a「少年タイムス社」様のスペースで新刊「RETURN53」を出します。プリズ魔&坂田健特集です。また、好調なスタートを切った新シリーズ『ウルトラマンタイガ』についても、メンバーの感想を掲載しております。

少年タイムス社様の既刊「怪獣使いの宿題」(『怪獣使いと少年』~『怪獣使いの遺産』の間を描いた二次長編小説)もよろしくお願いします。

| | コメント (0)

2019年3月15日 (金)

巨大生物型怪獣の迫力

Goga

 “ただの巨大な花”であるジュラン(ウルトラQ第4話『マンモスフラワー』)や、“サザエとカタツムリの合体”であるゴーガ(ウルトラQ第24話『ゴーガの像』)など、『ウルトラQ』には既存の生物を巨大化させて若干のアレンジを加えただけの怪獣が多数登場していました。
 怪獣の種類が多様化した現在では、“ただ大きくしただけの怪獣”は成立しにくいと思います。また、商品化の都合も考えると、モングラー、ボスタング、トドラなどは採用されないでしょう。(実際、現存するゴローの玩具は、どう見ても“玩具の猿”にかし見えません)

 しかし、この怪獣たちが迫力がなかったかと言えば、そんなことはありません。 彼らはアナログ特撮のセットの中で、怪獣としての凄みや巨大感を充分に発揮していましたし、ドラマにおいてもその脅威が表現されていました。

 例えば、ゴーガのビル街破壊シーンや自衛隊機との戦闘、ジープでゴーガに挑んでいく万城目達の描写などは、「巨大な生物がちっぽけな人間に迫ってくる」というそれだけのことで起きる事象の迫力を、狭い白黒画面の中で充分すぎるほどに描いていました。

 今、彼らの活躍を見返すと、怪獣の魅力は必ずしもデザインの奇抜さや奇想天外な能力だけではないことが分かります。
 現在のウルトラ怪獣もそれぞれ魅力的ですが、初期ウルトラの巨大生物怪獣たちの直球的な迫力も見返して欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 3日 (日)

「マンモスフラワー」が投げかけたテーマ

Manmosuflower

『ウルトラQ』第4話「マンモスフラワー」(脚本 梶田興治・金城哲夫 監督 梶田興治 特技監督 川上景司)は、制作第1話であり、実質的にウルトラシリーズ全体の第1話でした。

 マンモスフラワーの出現に際して設けられた対策本部の中で、おなじみ一の谷博士がマンモスフラワー退治を主張する一方、植物学の権威・源田博士は研究のために、多少の危険は承知の上でマンモスフラワーの処理に反対します。
  しかし、開花したマンモスフラワーのために多くの人々が危険に晒されているを目の当たりにした源田博士は、考えを変えます。 自分の非を認めた源田博士は、一の谷博士と和解しました。そして、植物にとって必要な二酸化炭素を絶つ炭酸ガス固定剤を用意して、万城目と共に自らマンモスフラワー退治に赴きます。

 科学のためという意識から、「人の幸福」という大前提を忘れかけつつも、自分は非を悟ると自分から行動を起こす源田博士。そして、常に科学を正しく使おうと努力する一の谷博士。科学と科学者は如何あるべきかというテーマは、その後のウルトラシリーズで繰り返し描かれ、『ウルトラマンガイア』では我夢と藤宮との対立劇という形で物語前半の縦糸となっていました。このテーマが、ウルトラシリーズ制作第1話ですでに描かれていたという事実は、大変興味深いものがあります。

 なお、写真(2018年5月撮影)は東京ミッドタウン日比谷の6階庭園から、「マンモスフラワー」ファーストロケ場所(T字路のお堀端)を見下ろしたところです。右手の第一生命ビルが、『マンモスフラワー」冒頭でジュランの根のために一部崩落した、ウルトラ怪獣被災第1号の建物です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月15日 (金)

幻のヒーロー“ウルトラQ”

Q

またもや久しぶりの更新です。
今回は、資料性皆無の思い出話です。

怪獣ブームの熱狂がそろそろ落ち着きはじめた'67年ごろだったと思いますが、「ウルトラQってどんなヒーローだったっけ⁇」と真剣に悩んだ時期がありました。
何しろ、再放送がない上に、主役ヒーローの存在しない怪獣ドラマというものが理解出来ない幼児のことです。大人とは時間の感覚も違いますから、1年以上前の『ウルトラQ』本放送など、遠い過去のことでしたから、記憶は一層混乱します。

「“ウルトラQ”は番組の途中で死んじゃった」

「あの白いひげの博士が“ウルトラQ”のお父さん」

そんな怪説が自分の周囲を飛び交ったのは、紛れも無い事実でした。
そうした怪しげな混乱も、再放送のオンエアや怪獣図鑑の普及などで、次第に正常化していきました。
ただし、当時の僕らが夢想したヒーロー“ウルトラQ”が、10年以上前からネット内に流れている有名なコラージュ写真のような姿でなかったことは確かです(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月28日 (金)

コミックマーケット95参加のお知らせ

2018_winter_212月29日(土)のコミックマーケット95一日目。
我が帰ってきたウルトラマン私設FCスタビライザーは、合体サークルの少年タイムス社様共々、西地区 た-03bで参加します。

新刊のRETURN52は、『帰ってきたウルトラマン 第10話・恐竜爆破指令』と、『仮面ライダー』(第1作)を特集しております。
第10話は、『ウルトラマン・恐怖の宇宙線』との類似性が指摘される話ですが、『帰マン』ならではの工夫とメッセージ性がある佳作です。
『仮面ライダー』は、『帰マン』とともに第2次特撮ヒーローブームを牽引した「戦友」とも言える作品です。仮面ライダーシリーズが多様化する中、原点の1号と2号にこだわってみました。

皆様、よろしくお立ち寄りください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月11日 (土)

コミックマーケット94 参加のお知らせ

2018_summerAkechi_2

本日、8月11日(土)のコミックマーケット94二日目。

我が帰ってきたウルトラマン私設FCスタビライザーは、合体サークルの少年タイムス社様共々、東地区ネ−48で参加します。

新刊のRETURN51は、『帰ってきたウルトラマン 第7話・怪獣レインボー作戦』と、近年の劇場版ウルトラシリーズを特集しております。
第7話は、地味な話ではありますが、『帰マン』の原点とも言えるスタンダードな作劇が魅力です。
毎年好調に作品数を重ねているテレビ東京版ウルトラシリーズの劇場版については、オールドファンの皆さんにも注目していただきたいところです。

また、ウルトラシリーズ以外で、幻のNHKドラマ『明智探偵事務所』について小特集を組んでみました。映像が現存していない作品ゆえ、資料と記憶に頼った数ページほどの記事ですが、皆さんの記憶を呼び起こす一助になればと思います。

その他、最近の各種イベントレポートや、ZAT誕生秘話を題材にしたオリジナルストーリーなど、サークル誌らしいバラエティさを出そうと頑張ってみました。

皆様、よろしくお立ち寄りください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月20日 (日)

ウルトラマンジードの「目」

Geed5 ウルトラヒーローがタイプチェンジし、姿とともに能力を使い分ける発想は『ウルトラマンティガ』(1996年)から始まり、最近作の『ウルトラマンジード』まで継承されています。
 これは、ウルトラシリーズの主力商品であるソフビ人形をより多く売るための策であり、同時にウルトラマンが持つ能力を視覚的に分かりやすくする効果もあります。
 それを否定するわけではないのですが、近年のウルトラマンのタイプチェンジには個人的に一つ不満がありました。それは、一人のウルトラマンがデザインの統一感無く全く異なるスタイルに変わってしまうことです。『ウルトラマンコスモス』(2001年)を例に取ると、初代ウルトラマンのデザインを継承したルナモードと、ティガやダイナの系譜と言えるコロナモードの間には、デザイン上の共通項がなく、「姿を変えた同じウルトラマン」という印象が持てませんでした。
 ウルトラシリーズ以外でも、『仮面ライダーBlackRX』の3タイプは、姿形はもちろんのこと、シンボルであるベルトのバックルまで形態が異なっていて、同じヒーローのタイプチェンジという視覚的印象が全く無く、当時あまり良い印象を持てませんでした。

 これは個人のこだわりですが、同一人物が別デザインのヒーローを使い分けるときは、顔なりシンボル(カラータイマー、ベルトなど)なりに何か共通性を持たせるか、『レインボーマン』(1972年)の7つの化身のようにデザインに共通性を持たせないと、単なる集団ヒーローと変わらず、“さらに変身するヒーロー”という雰囲気が出ないと思うのです。

 しかし、最近作である『ウルトラマンジード』については、不思議とそんな不満を感じませんでした。写真のように5タイプを並べてみると、何となく同一人物に見えてしまうから不思議です。
 何故かと考えてみるに、ジードのデザイン上の大きなポイントである「父親譲りのつり目」が効いているのではないかと思います。
 番組当初は、ジード=リクのソフトなイメージと、ジードの悪魔的な目がアンバランスに思えていました。しかし、番組が進んでデザインに慣れてくると、この特徴的な目がジードというキャラクターの「核」と感じられるようになり、姿形の大きく違う各タイプをつなぐキーポイントになっていると思えてきました。

 そうした自分の感想が、どこまでデザインされた方の意図と一致しているかは分かりませんが、ヒーローにとって「目のデザイン」は大事であると再認識させられました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月13日 (日)

幻の『ウルトラQ』エンドクレジット?

 友人がyoutubeで見つけてくださった動画です。
 動画のコメントでUP主の方も書かれていますが、これは1972年夏休みの午前中に『ウルトラQ』が再放送された際に、番組終了後に加えられたエンドタイトルの音楽です。

 もちろん、本来は『ウルトラQ』にエンドタイトルはありません。おそらくは番組枠との時間調整のためのショートクレジットタイトルだったのであろうと思われます。
 再放送終了後に、簡略化されたクレジット(記憶ではメインスタッフとメインキャスト)が、グレー模様のフリップを背景に映されていました。

 夏休み朝の再放送でしたが、前衛音楽のような不思議なメロディが、白黒の背景模様と相まって、妙な怖さを出していたことをよく覚えています。いかにも『ウルトラQ』に似合った“演出”でした。
 こんなマイナーなものまで、わざわざ発掘して公表してくださるファンがおいでというあたりに、『ウルトラQ』の偉大さを感じます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年5月 4日 (金)

資料性博覧会11 参加のお知らせ

Return_2018spring 恒例の告知です。

 本日5月4日、サークル・スタビライザーは、東京・中野サンプラザで開催される資料性博覧会11に参加します。
 新刊は、『ウルトラマンタロウ』45周年記念の小特集として、感想文と薀蓄集を、また最近作『ウルトラマンジード』の感想等も掲載しております。

 資料性博覧会は、アニメ、特撮、漫画を中心とした資料性を重んじる古参同人誌中心の即売会です。特撮趣味以外についても皆様の興味を引くような同人誌に出会えるかも知れません。

 皆様、来場をご検討ください。

 

公式ページ
http://www.mandarake.co.jp/infor…/…/siryosei_expo/index.html

 スペース79でお待ちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月17日 (土)

ウルトラリングの謎

Ultraring私事が立て込んで、今年初の更新になります。
遅まきながら、本年もよろしくお願いします。

さて、しばらく前のことですが、量販店内の自販機を回してみたら、たった2回でウルトラリングがダブりなしで揃ってしまいました。
写真のようにプラケースに入れて飾っております。
原作準拠ならチェーンを外してしまった方が良いのですが、何となく買ったままの姿にしてあります。

さて、『ウルトラマンA』をご覧になった方はご存じの通り、北斗星司と南夕子の合体変身は28話で最後になり、月星人夕子は星司に自分のウルトラリングを譲って、月世界再建のため宇宙へと去ってしまいました。そして、星司は二つのウルトラリングを自分の両手にはめて、一人でウルトラマンAに変身するようになります。

ここで、夕子=星光子さんの降板事情とか、たび重なる『A』の路線変更の話題とか、そういう難しい話になりがちですが、今回はそういう話ではありません。
指輪のサイズの話です。

こうして見ると、夕子から受け継いだリングが、よく星司の指に嵌ったものだと思います。
輪に切れ目のあるフリーサイズであることを考えに入れても、このサイズの差は大きいでしょう。これはあくまでも商品で、劇中プロップのサイズは分かりませんが、女性のリングをそのまま男性に譲るのはいかがなものかと思えます。

つじつまを合わせるとしたら、人知を超えた宇宙金属で出来ているウルトラリングは、持ち主の身体に合わせてサイズを変えているとでも考えるしかないでしょう。
空想をたくましくして考えれば、ウルトラリングはウルトラマンAの命を宿した超存在であり、指輪はAのエージェントが地球人である場合のみ、地球人の身体や習慣に合わせて指輪の形態を取っているのかも知れません。
その考えで行くと、Aが他の惑星で任務に就き、人間型でない相手をエージェントとして選んだとしたら、ウルトラリングは指輪以外の形態に姿を変えるのかも知れません。

僕らは歴代のウルトラマンが人間に変身しているところしか知りませんが、彼らが全宇宙を股にかける存在であることを思うと、ウルトラマンと他星の生物との間には、人間がまだ知らない様々なつながり方があるのではないかと考えられます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«コミックマーケット93 参加のお知らせ