はじめに(2010/01/18改稿)

Vtol_4   本ブログは、矢的八十郎が同人誌RETURNやパソコン通信時代のウルトラマンフォーラム等で書き散らしたウルトラシリーズについての蘊蓄話や意見・感想などをまとめるところから始めました。
 これらの情報は1999年以来ホームページのコンテンツとしてまとめてきましたが、ネットの主流がブログに移行する中で、より分類やコメント受付の簡単なブログにまとめ直して進めてきました。

 このようなウルトラシリーズについての重箱の隅的な情報は、以前はファンの間で共有されていましたが、ファン層やウルトラシリーズそのものの飛躍的な拡大によって、情報の共有が難しくなっております。本ブログが、ウルトラファンの皆さんが情報を共有する上での、ささやかなガイド役になれれば嬉しく思います。もちろん、矢的自身の見解も述べていきますので、コメント欄を通しての意見交換も楽しみにしております。

 同時に、本ブログは矢的がスタッフを務めていたパソコン通信上のコミュニティ「ウルトラマンフォーラム(FULTRA)」の個人的な記念碑も兼ねております。かつてはネットにおけるウルトラファン活動の中核を担っていたウルトラマンフォーラムは、2005年3月に閉鎖されてネット上には何も残っていません。しかし、そのテーマであった「ウルトラファンの交流」「ウルトラシリーズについての正しい情報」「ウルトラシリーズの応援」は今でも矢的のウルトラファン活動の基本になっております。
 本ブログは「役に立たないウルトラシリーズミニ情報」としてスタートしましたが、本日をもって「FULTRAの星より愛をこめて」に改名し、FULTRAの意志を継ぐブログであることを明記します。(当時のフォーラムマネージャーにはその旨ご挨拶しましたが、もちろん@niftyとは無関係の個人ブログです)

 なお、本ブログではウルトラシリーズ情報や感想をまとめて行きますが、作品の感想交換や最新情報等については、掲示板「電脳スタビライザーPADOC」や矢的のmixi日記でも話題を振ることがあります。また、その他の雑感や日常のことについても、従来通り「Y8ステーション」を活用していきます。

 今後ともよろしくお願いします。

 本ブログをご利用される方に必ずお目通しいただきたいことについては、以下に追記していきますので、ご一読をお願いいたします。
 

  • コメント、ご感想、情報の訂正等は歓迎しておりますので、当ブログへのコメントの形でお願いいたします。 ただし、スパム、無関係な宣伝、誹謗中傷等、一般的なネットマナーに反すると管理人が判断したコメントは予告なしで削除します。ネットマナーについての矢的の考えは、掲示板入り口のページに記してありますので、迷われたときはこちらもご参考になさってください。(2009/01/07)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2024年1月 4日 (木)

2024年のご挨拶

あけましておめでとうございます。
昨年末のコミックマーケットでは、多くの方にサークル・スタビライザーのスペースにお立ち寄りいただき、本当にありがとうございました。
昨年は、円谷プロダクション60周年で、『ウルトラマンデッカー』劇場版公開、『グリッドマンユニバース』大ヒット、『ウルトラマンタロウ』50周年、ツブラヤコンベンション開催、『ウルトラマンブレーザー』大活躍等々、大変話題の多い年でした。
今年は、『ウルトラマンレオ』50周年、そして辰年、怪獣の原点である竜の年です。
Reo1 Reo3 Reo2
Dscn4786

一層の盛り上がりを期待して、このブログとサークル・スタビライザーも頑張っていきたいと思います。
本年も宜しくお願いします。

| | コメント (0)

2023年12月29日 (金)

コミックマーケット103参加のお知らせ

Img_1295 毎度直前のお知らせで恐縮です。

サークル・スタビライザーは、明日30日のコミックマーケット103に、東地区X58aで参加します。

新刊RETURN59では、帰マン第24話「戦慄!マンション怪獣出現」と、今年50周年を迎えた『ウルトラマンタロウ』を特集します。また、合体サークルの少年タイムス社も4年ぶりの新刊として、「ウルトラゾーンからの言葉」(ウルトラシリーズ名台詞集)を出します。
皆様、どうかお立ち寄りください。

なお、交通事情のため、14時半ぐらいに早仕舞いの可能性があります。ご了承ください。
#コミケ103

| | コメント (0)

2023年10月 1日 (日)

「『ウルトラマンタロウ』の青春」刊行記念トークショー(東京・神保町)

Tarou1 Tarou2 Tarou3
 9月23日秋分の日、白石雅彦さんのウルトラシリーズドキュメンタリー本「『ウルトラマンタロウ』の青春」の刊行記念トークショーに行ってまいりました。
 会場のネオ書房@ワンダー店(東京・神保町)には、およそ50名のファンが集まり、50年目のタロウ人気を示していました。
 司会は切通理作さん。語り手は、白石雅彦さん、「タロウ」メイン監督の山際永三さん、メインライターの田口成光さんという、この上ない顔ぶれです。また、ゲストとして、当時の小学館でウルトラシリーズ関係の記事を担当   されていた上野明雄さんも、参加されていました。
 お話の内容は多岐に渡りましたが、その中で特に話題にされていたのは、次の三点です。
 まず、「タロウ」が視聴率こそ「A」より下がったものの、児童層への人気や商品の売れ行きなどでは成功作となり、テコ入れなしに一年間を完走出来たことです。
 また、「タロウ」という異色のタイトルにより、返って作品の自由奔放な雰囲気が確立して、少ない制約でのびのびと制作されたことも語られました。
 そして、第1話でタロウとなった光太郎が、最終回で人間に帰るまでの青春ドラマを、かなり意識して描いたということも証言されました。
 やはり「タロウ」は、作り手にもファンにも愛された幸運な作品であったことを実感できたイベントでした。
 主催された方々、登壇された方々に感謝申し上げます。

| | コメント (0)

2023年8月11日 (金)

コミックマーケット102参加のお知らせ

Img_1025

  帰ってきたウルトラマン私設FCスタビライザーは、明日12日のコミックマーケット102に東ポ08aのスペースで参加します。

 新刊は副会誌で、『グリッドマンユニバース』や『ウルトラマンブレーザー』などについて雑文を集めました。

 また、不肖矢的も、マイティジャックのオリジナルストーリーを書いて見ました。

コミケにおいでの特撮ファン、円谷ファンの皆様、どうぞお立ち寄りください。

| | コメント (0)

2023年5月 3日 (水)

資料性博覧会16参加のお知らせ

Return_2023spring本日5月3日、東京・中野サンプラザの資料性博覧会16において、帰ってきたウルトラマン私設FCスタビライザーは、スペース97で参加します。
皆様御存知の通り、『帰ってきたウルトラマン』の主役・団時朗さんが、この3月22日に亡くなられました。
今回は緊急追悼号として、団さんへのへの思いを綴った臨時号を配布します。
また、五年前のRETURN50号(郷秀樹特集)も増刷しました。
協力サークル“G対策センター水戸”様との合同参加です。 ご来場の方は、どうぞお立ち寄りください。

| | コメント (0)

2022年12月29日 (木)

コミックマーケット101と新刊のお知らせ。

3ffc351c401546a39d94512dbcf6074c 今年の更新が、イベントのお知らせだけに終わって申し訳ありません。

帰ってきたウルトラマン私設FCスタビライザーは、明日30日のコミックマーケット101において、東ニ07bのスペースで参加します。

新刊は、第15話「怪獣少年の復讐」と、50周年記念のウルトラマンA特集です。

第15話は、『帰ってきたウルトラマン』の中では比較的語られることの少ないエピソードですが、手堅い力作でもありその魅力を振り返ってみました。

『ウルトラマンA』は言うまでもなく、ウルトラシリーズ第5弾の作品です。1年間の物語に様々な紆余曲折がありましたが、それでも今だに愛される人気シリーズです。50周年を機会に、その魅力について考えてみました。

合体サークルの少年タイムス社は、残念ながら主宰者の都合で新刊は出せませんでした。しかし、バックナンバーを増刷しました。


皆さん、よろしくお立ち寄りください。

| | コメント (0)

2022年8月13日 (土)

コミックマーケット100および資料性博覧会15への参加のお知らせ

C0ae621f59ff469a8cef39f69820c343 お久しぶりの更新です。

本日13日土曜日、サークルスタビライザーは、コミックマーケット東地区のスペースU-04aで参加します。

また、翌14日日曜日には、東京・中野サンプラザで行われる資料性博覧会15にも参加します。

新刊は、今トレンドの『シン・ウルトラマン』への言及は数ページで、いつもの通り『帰ってきたウルトラマン』第12話にこだわりました。よろしくお立ち寄りください。

| | コメント (0)

2021年12月30日 (木)

コミックマーケット99 参加のお知らせ

5e2696fcaf7148958d8808404c3cd81d

コミックマーケットが帰ってきました!

帰ってきたウルトラマン私設FCスタビライザーは、本日、東京ビッグサイトで行われるコミックマーケット99において、30日東地区ハ-22aのスペースで、少年タイムス社様との合体で参加いたします。
久しぶりの新刊は、帰マン50周年ということで、『帰ってきたウルトラマン』全51話の中から、比較的話題にのぼることの少ないエピソードをメンバーそれぞれに語っていただきました。

その他、バックナンバーを出品します。


このパンデミック状況で同人活動が立ち行かなくなる中、当サークルの健在をアピールするとともに、コミックマーケット復活の記念すべき場に参加して今後につなげたいと思います。
イベント参加予定の皆様、よろしくお立ち寄りください。
 
 

| | コメント (1)

2021年8月14日 (土)

資料性博覧会14参加のお知らせ

Return_2021sp
帰ってきたウルトラマン私設FCスタビライザーは、明日、東京・中野の中野サンプラザで行われる  資料性博覧会14のスペース3・4で参加します。
残念ながら今回は、いつものような数十ページの新刊は出せません。
しかし、帰マン50周年ということでメンバーの祝辞や放映リスト等の基礎知識を持ち寄った記念冊子(16P)を作りました。資料性博覧会で無料配布します(お一人様2冊まで)。
その他、バックナンバーや委託された宇宙戦艦ヤマト本を出品します。
派手な新刊で景気よくと言うわけには行きませんが、このパンデミック状況で同人活動が立ち行かなくなる中、当サークルの健在だけでもアピールして、今後につなげたいと思います。
イベント参加予定の皆様、よろしくお立ち寄りください。
 
 
資料性博覧会14詳細↓
まんだらけ | 資料性博覧会14 (mandarake.co.jp)

| | コメント (0)

2021年8月 9日 (月)

【デマ訂正】オヤケアカハチはレッドキングとは無関係!

Redking 今回は一つネットに流布している誤情報の訂正です。
 
ウルトラシリーズの看板怪獣の一頭とも言えるどくろ怪獣レッドキング。
その名前の由来が、15世紀末に活躍した石垣島の豪族・オヤケアカハチ(遠弥計赤蜂、於屋計赤蜂)に由来しているとの情報が、ネットの随所に見られます。
 
しかし、この情報は意図的に作られたデマと考えて間違いなさそうです。
確かに、レッドキングが初登場した『ウルトラマン 怪獣無法地帯』の脚本家である金城哲夫・上原正三両先生は沖縄県の出身でそれぞれに故郷を強く意識されていることは知られています。
『ウルトラセブン』に登場したチブル星人は、沖縄の方言で「頭」を意味する「ちぶる」から命名されたという実例もあります。
しかし、オヤケアカハチ=レッドキング説は、そのような話ではありません。
まず、金城先生はウルトラシリーズが様々な角度から考察されるようになる以前に亡くなられていますが、生前の発言は様々な形で発掘され、多くの媒体で紹介されています。また、上原先生は数多くのインタビューやコメントで、ウルトラシリーズの制作背景について語られています。しかし、そうした両先生の御発言の中で、「オヤケアカハチ=レッドキング」という事実が語られたことはありません。自分も全ての書籍をチェックしたわけではありませんが、「レッドキングが石垣島の歴史上の英雄」などというある意味美味しい話がどこかで語られていたとしたら、それが埋もれてしまうことはまずあり得ません。
上原先生は、自作に故郷沖縄の影響があることを終始否定せず、折に触れて故郷のことを語っておられましたから、レッドキングのルーツにそんな逸話があったとすれば、ハッキリ証言されているはずです。しかし、上原先生は一貫して「『怪獣無法地帯』は怪獣倉庫にたまった着ぐるみの活用から発想」と語られています。
 
次にネットサーフィンして、「オヤケアカハチ=レッドキング」説が記されているサイトをいくつかチェックしましたが、情報源が明記されているサイトはありませんでした。
そして、最後にWikipediaでオヤケアカハチの項目を調べ、レッドキングについての記述をいつ誰が書き込んだのか履歴をさかのぼってみました。その結果、2006年12月30日 (土) 19:19の編集で
「Level-3 BBS Wikipedia Project」という何かWikipediaの特別な地位にあるように見せたハンドルネームの人物が書き込んだことが分かりました。この「Level-3 BBS Wikipedia Project」というユーザーは、明らかな捨てアカウントで、この記述を含めた3本の書き込みを残して、Wikipediaから姿を消しています。そのまま、オヤケアカハチの項目に「レッドキングの由来」という記述は延々と残ってしましました。
同じWikipedia内でも、これが特撮系の書き込みだったら、多くの特撮ファンが情報源を調べたり書き手に質問したりして、デマ情報はすぐに淘汰されてしまうのですが、特撮とは関係ない郷土史の記事だったため、そのまま残されたのでしょう。
現在、オヤケアカハチの項目からレッドキングについての記述は削除されています。
 
自分がネット検索した限りにおいては、この記述以前に書かれたWikipedia以外のコンテンツは見当たらなかったので、「オヤケアカハチ=レッドキング」説の発信源は、「2006年末に身元不明の人物が悪ふざけか思い込みのどちらかでWikipedia書き込んだ記述」だったと見て、まず間違いないでしょう。石垣島関係の個人サイトなどにこの情報が流れているのは、かなりまずい問題だと思います。
これが「怪獣名の由来」という穏当な話題ではなく、誰かの名誉や評価に関わるような話題だったらと考えると恐ろしいものがあります。
ウルトラマンに関する正しい情報の流布のためにはもちろん、石垣島の英雄オヤケアカハチの名誉のためにも、本件は折に触れて否定していかなければならない悪質な情報と思います。
 
なお、上記が僕の勇み足で、実はオヤケアカハチとレッドキングとの関わりを示す有力な根拠があるという方は、ご教示をお願いします。その場合は、この記事にその旨を書き加えて訂正いたします。

| | コメント (0)

«祝!ウルトラマン55周年