はじめに(2010/01/18改稿)

Vtol_4   本ブログは、矢的八十郎が同人誌RETURNやパソコン通信時代のウルトラマンフォーラム等で書き散らしたウルトラシリーズについての蘊蓄話や意見・感想などをまとめるところから始めました。  これらの情報は1999年以来ホームページのコンテンツとしてまとめてきましたが、ネットの主流がブログに移行する中で、より分類やコメント受付の簡単なブログにまとめ直して進めてきました。

 このようなウルトラシリーズについての重箱の隅的な情報は、以前はファンの間で共有されていましたが、ファン層やウルトラシリーズそのものの飛躍的な拡大によって、情報の共有が難しくなっております。本ブログが、ウルトラファンの皆さんが情報を共有する上での、ささやかなガイド役になれれば嬉しく思います。もちろん、矢的自身の見解も述べていきますので、コメント欄を通しての意見交換も楽しみにしております。

 同時に、本ブログは矢的がスタッフを務めていたパソコン通信上のコミュニティ「ウルトラマンフォーラム(FULTRA)」の個人的な記念碑も兼ねております。かつてはネットにおけるウルトラファン活動の中核を担っていたウルトラマンフォーラムは、2005年3月に閉鎖されてネット上には何も残っていません。しかし、そのテーマであった「ウルトラファンの交流」「ウルトラシリーズについての正しい情報」「ウルトラシリーズの応援」は今でも矢的のウルトラファン活動の基本になっております。
 本ブログは「役に立たないウルトラシリーズミニ情報」としてスタートしましたが、本日をもって「FULTRAの星より愛をこめて」に改名し、FULTRAの意志を継ぐブログであることを明記します。(当時のフォーラムマネージャーにはその旨ご挨拶しましたが、もちろん@niftyとは無関係の個人ブログです)

 なお、本ブログではウルトラシリーズ情報や感想をまとめて行きますが、作品の感想交換や最新情報等については、掲示板「電脳スタビライザーPADOC」や矢的のmixi日記でも話題を振ることがあります。また、その他の雑感や日常のことについても、従来通り「Y8ステーション」を活用していきます。

 今後ともよろしくお願いします。

 本ブログをご利用される方に必ずお目通しいただきたいことについては、以下に追記していきますので、ご一読をお願いいたします。
 

  • コメント、ご感想、情報の訂正等は歓迎しておりますので、当ブログへのコメントの形でお願いいたします。 ただし、スパム、無関係な宣伝、誹謗中傷等、一般的なネットマナーに反すると管理人が判断したコメントは予告なしで削除します。ネットマナーについての矢的の考えは、掲示板入り口のページに記してありますので、迷われたときはこちらもご参考になさってください。(2009/01/07)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月11日 (土)

コミックマーケット94 参加のお知らせ

2018_summerAkechi_2

本日、8月11日(土)のコミックマーケット94二日目。

我が帰ってきたウルトラマン私設FCスタビライザーは、合体サークルの少年タイムス社様共々、東地区ネ−48で参加します。

新刊のRETURN51は、『帰ってきたウルトラマン 第7話・怪獣レインボー作戦』と、近年の劇場版ウルトラシリーズを特集しております。
第7話は、地味な話ではありますが、『帰マン』の原点とも言えるスタンダードな作劇が魅力です。
毎年好調に作品数を重ねているテレビ東京版ウルトラシリーズの劇場版については、オールドファンの皆さんにも注目していただきたいところです。

また、ウルトラシリーズ以外で、幻のNHKドラマ『明智探偵事務所』について小特集を組んでみました。映像が現存していない作品ゆえ、資料と記憶に頼った数ページほどの記事ですが、皆さんの記憶を呼び起こす一助になればと思います。

その他、最近の各種イベントレポートや、ZAT誕生秘話を題材にしたオリジナルストーリーなど、サークル誌らしいバラエティさを出そうと頑張ってみました。

皆様、よろしくお立ち寄りください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月20日 (日)

ウルトラマンジードの「目」

Geed5 ウルトラヒーローがタイプチェンジし、姿とともに能力を使い分ける発想は『ウルトラマンティガ』(1996年)から始まり、最近作の『ウルトラマンジード』まで継承されています。
 これは、ウルトラシリーズの主力商品であるソフビ人形をより多く売るための策であり、同時にウルトラマンが持つ能力を視覚的に分かりやすくする効果もあります。
 それを否定するわけではないのですが、近年のウルトラマンのタイプチェンジには個人的に一つ不満がありました。それは、一人のウルトラマンがデザインの統一感無く全く異なるスタイルに変わってしまうことです。『ウルトラマンコスモス』(2001年)を例に取ると、初代ウルトラマンのデザインを継承したルナモードと、ティガやダイナの系譜と言えるコロナモードの間には、デザイン上の共通項がなく、「姿を変えた同じウルトラマン」という印象が持てませんでした。
 ウルトラシリーズ以外でも、『仮面ライダーBlackRX』の3タイプは、姿形はもちろんのこと、シンボルであるベルトのバックルまで形態が異なっていて、同じヒーローのタイプチェンジという視覚的印象が全く無く、当時あまり良い印象を持てませんでした。

 これは個人のこだわりですが、同一人物が別デザインのヒーローを使い分けるときは、顔なりシンボル(カラータイマー、ベルトなど)なりに何か共通性を持たせるか、『レインボーマン』(1972年)の7つの化身のようにデザインに共通性を持たせないと、単なる集団ヒーローと変わらず、“さらに変身するヒーロー”という雰囲気が出ないと思うのです。

 しかし、最近作である『ウルトラマンジード』については、不思議とそんな不満を感じませんでした。写真のように5タイプを並べてみると、何となく同一人物に見えてしまうから不思議です。
 何故かと考えてみるに、ジードのデザイン上の大きなポイントである「父親譲りのつり目」が効いているのではないかと思います。
 番組当初は、ジード=リクのソフトなイメージと、ジードの悪魔的な目がアンバランスに思えていました。しかし、番組が進んでデザインに慣れてくると、この特徴的な目がジードというキャラクターの「核」と感じられるようになり、姿形の大きく違う各タイプをつなぐキーポイントになっていると思えてきました。

 そうした自分の感想が、どこまでデザインされた方の意図と一致しているかは分かりませんが、ヒーローにとって「目のデザイン」は大事であると再認識させられました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月13日 (日)

幻の『ウルトラQ』エンドクレジット?

 友人がyoutubeで見つけてくださった動画です。
 動画のコメントでUP主の方も書かれていますが、これは1972年夏休みの午前中に『ウルトラQ』が再放送された際に、番組終了後に加えられたエンドタイトルの音楽です。

 もちろん、本来は『ウルトラQ』にエンドタイトルはありません。おそらくは番組枠との時間調整のためのショートクレジットタイトルだったのであろうと思われます。
 再放送終了後に、簡略化されたクレジット(記憶ではメインスタッフとメインキャスト)が、グレー模様のフリップを背景に映されていました。

 夏休み朝の再放送でしたが、前衛音楽のような不思議なメロディが、白黒の背景模様と相まって、妙な怖さを出していたことをよく覚えています。いかにも『ウルトラQ』に似合った“演出”でした。
 こんなマイナーなものまで、わざわざ発掘して公表してくださるファンがおいでというあたりに、『ウルトラQ』の偉大さを感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 4日 (金)

資料性博覧会11 参加のお知らせ

Return_2018spring 恒例の告知です。

 本日5月4日、サークル・スタビライザーは、東京・中野サンプラザで開催される資料性博覧会11に参加します。
 新刊は、『ウルトラマンタロウ』45周年記念の小特集として、感想文と薀蓄集を、また最近作『ウルトラマンジード』の感想等も掲載しております。

 資料性博覧会は、アニメ、特撮、漫画を中心とした資料性を重んじる古参同人誌中心の即売会です。特撮趣味以外についても皆様の興味を引くような同人誌に出会えるかも知れません。

 皆様、来場をご検討ください。

 

公式ページ
http://www.mandarake.co.jp/infor…/…/siryosei_expo/index.html

 スペース79でお待ちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月17日 (土)

ウルトラリングの謎

Ultraring私事が立て込んで、今年初の更新になります。
遅まきながら、本年もよろしくお願いします。

さて、しばらく前のことですが、量販店内の自販機を回してみたら、たった2回でウルトラリングがダブりなしで揃ってしまいました。
写真のようにプラケースに入れて飾っております。
原作準拠ならチェーンを外してしまった方が良いのですが、何となく買ったままの姿にしてあります。

さて、『ウルトラマンA』をご覧になった方はご存じの通り、北斗星司と南夕子の合体変身は28話で最後になり、月星人夕子は星司に自分のウルトラリングを譲って、月世界再建のため宇宙へと去ってしまいました。そして、星司は二つのウルトラリングを自分の両手にはめて、一人でウルトラマンAに変身するようになります。

ここで、夕子=星光子さんの降板事情とか、たび重なる『A』の路線変更の話題とか、そういう難しい話になりがちですが、今回はそういう話ではありません。
指輪のサイズの話です。

こうして見ると、夕子から受け継いだリングが、よく星司の指に嵌ったものだと思います。
輪に切れ目のあるフリーサイズであることを考えに入れても、このサイズの差は大きいでしょう。これはあくまでも商品で、劇中プロップのサイズは分かりませんが、女性のリングをそのまま男性に譲るのはいかがなものかと思えます。

つじつまを合わせるとしたら、人知を超えた宇宙金属で出来ているウルトラリングは、持ち主の身体に合わせてサイズを変えているとでも考えるしかないでしょう。
空想をたくましくして考えれば、ウルトラリングはウルトラマンAの命を宿した超存在であり、指輪はAのエージェントが地球人である場合のみ、地球人の身体や習慣に合わせて指輪の形態を取っているのかも知れません。
その考えで行くと、Aが他の惑星で任務に就き、人間型でない相手をエージェントとして選んだとしたら、ウルトラリングは指輪以外の形態に姿を変えるのかも知れません。

僕らは歴代のウルトラマンが人間に変身しているところしか知りませんが、彼らが全宇宙を股にかける存在であることを思うと、ウルトラマンと他星の生物との間には、人間がまだ知らない様々なつながり方があるのではないかと考えられます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月30日 (土)

コミックマーケット93 参加のお知らせ

2017_winter恒例の告知です。

本日12月30日(土)、サークルスタビライザーは、東京ビッグサイトで開催されるコミックマーケット93に参加します。スペースは東へ14aです。

前回延期になった本誌RETURN50号をいよいよ出品します。
内容は、『帰ってきたウルトラマン』の後日談を描いた『ウルトラマンA 決戦!エース対郷秀樹」を中心に、本作の主人公であるウルトラマンジャックと郷秀樹を特集しております。

また、合体サークルの少年タイムス社では、長年の懸案だった「怪獣使いと少年」のその後を描く長編小説「怪獣使いの宿題~宇宙指令M11241」が出品されます。

そして、何かとお世話になっているひし美ゆり子様の、公認サークル・忘七の会様からの委託で、ひし美さんのプライベート写真によるカレンダーも出品します。

コミックマーケット会場にお越しの皆様、是非お立ち寄りください。矢的は今回所用のため欠席となりますが、優秀有能なスタビライザースタッフがお待ちしております。
よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 1日 (日)

祝!ウルトラセブン50周年

Img_0002_2本日、『ウルトラセブン』は1967年10月1日の放映開始から、ちょうど50周年を迎えました。
第1話の印象を思い返すと、最初からウルトラ警備隊には加わっておらず、カプセル怪獣を使い、等身大でも活躍し、前作の『ウルトラマン』とかなりイメージの異なるヒーローの出現でした。正直、最初は少し戸惑いました。

シリーズ途中では若干迷走気味の印象もありました。
しかし、番組全体のスタイリッシュなグランドデザイン、無国籍で未来感のある演出、人間的な弱さも見せつつひたむきに戦うセブンのヒーロー像など、その魅力は全話を貫いています。
そして、最終回「史上最大の侵略」前後編は、未だに語り継がれる盛り上がりを見せ、第1期ウルトラシリーズのフィナーレを見事に飾りました。
その後は『ウルトラマン』と並ぶウルトラシリーズの二枚看板としてシリーズを牽引し、現在に至っています。

多くの作品にゲスト出演し、後輩たちの力になり続けたことも忘れられません。

未だ現役ヒーローのウルトラセブン。その誕生50周年に乾杯!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月30日 (水)

ラムネ好きのウルトラマン

18057967_1371123626303870_294319823郷秀樹にはおはぎ、矢的猛にはオムライスと、歴代ウルトラマンには好物が設定されることが多々ありました。しかし、それほど印象を残さなかったり設定のみに終わることがほとんどでした。

そんな中で、『ウルトラマンオーブ』では、クレナイガイにラムネという組み合わせが何度かさりげなく画面に描かれていました。それは「銭湯好き」という彼の設定とも相まって、「地球文化(特に日本の下町文化)になじんだウルトラマン」という彼の独特の性格を上手く語る小道具として機能していたと思います
7月から12月の放映で、撮影時期が暑い季節中心だったというのも、ラムネという小道具を引き立てていたと思います。

他にも、アイスにたこ焼きに焼きそばと、よく食べていたウルトラマンという印象です。
もちろん、ただ食べていたと言うだけではなく、ガイがナオミ手製のスープに惹かれてSSPオフィスに転がり込んだり、他のメンバーに食べてもらえなかったナオミ持参のたこ焼きをガイだけが食べていたり、コフネ製作所の焼そばパーティーにガイが何の違和感もなく溶け込んでいたりするなど、ガイと仲間たちとの絆を示すアイテムとして、「食事」が多用されていました。

一見生活感のない風来坊であるガイが、実際にはラムネや焼きそばを愛する気の良い青年であるという微妙な存在感こそが、『ウルトラマンオーブ』の作品世界を実在感あるものにするキーだったと言えます。歴代シリーズでは単なる飾りだった「主人公の好物」というアイテムをここまでドラマに生かし切ったウルトラマンとして、オーブはウルトラ史に残るヒーローだったのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月11日 (金)

コミックマーケット92 参加のお知らせ

Return2017summerb恒例の告知です。

明日8月12日(土)、サークルスタビライザーは、東京ビッグサイトで開催されるコミックマーケット92に参加します。スペースは東T40bです。

コミケットカタログでは本誌RETURN50号を予告しましたが、都合により今回の新刊はRETURN EXTRAとして「怪奇大作戦」特集です。「帰ってきたウルトラマン」中心の本誌を楽しみにしていただいた方には申し訳ありませんが、メイン特集に加えて、「八つ裂き光輪」の研究、イベントレポートなど、別冊なりに充実した内容になっていると思います。どうかご一読ください。

お待ちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月25日 (火)

SSPの存在感

Sspテレビ東京版ウルトラシリーズ第4弾『ウルトラマンオーブ』は、大きな成功を収めて完結しました。
この作品の魅力を語るに当たって忘れてならないのは、主人公をサポートする民間組織SSP(SOMETHING SEARCH PEOPLE)の存在感です。
ドラマがガイ=オーブにだけ偏ることなく、SSPの3人にもバランス良く割り振られて、多彩なドラマを作り上げていました。
武装のない零細民間企業でありながら、歴代特捜チームに勝るとも劣らない戦果を挙げていたのも凄い話です。

さかのぼって考えると、『ウルトラQ』において、民間人である星川航空が怪獣に遭遇し過ぎて不自然という反省が生じ、その対策として『ウルトラマン』で誕生したのが、怪獣専門の公組織・科学特捜隊でした。
しかし、発想をさらにひねって「怪獣に遭遇しても不自然でない民間人」として誕生させたのがSSPというわけです。
この発想は、『民間のネット放送局」が実在する21世紀ならではのものだと思います。


しかも、「資金稼ぎ」や「食生活」など、民間人としての生活感をギリギリまで残しつつ、SSPに超常ハンターとしての異世界感もしっかりと持たせ、リアルとファンタジーを両立させた『オーブ』の演出力は、歴代ウルトラ史に残る非凡さがあったと思います。

Ssp7スーパーメカではないにもかかわらず、ビートルやウルトラホークに劣らない存在感を示した愛車SSP-7も特筆ものです。

また、彼らに会いたいものです。

※写真は、2017年1月のウルトラヒーローズEXPO(東京ドームシティ)にて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«何故、初代ウルトラマンの人気がトップではないのか?